江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと 自費で行う入れ歯の種類と自費の入れ歯の利点・欠点について健康保健では入れ歯が保険適応になります。現在インプラントと呼ばれるチタン製の金属を無くなった部分に入れて入れ歯の代わりに治療する方法もありますが、全ての方でこのイプラントを使用できる訳ではありません。

近年は高齢者社会になって全身状態の影響によってインプラント治療を行うことが出来ない方もいるからです。

そうなると自費の入れ歯という選択肢も出てきます。

1.健康保険で使用できる入れ歯

通常、多くの方は健康保険を使用した入れ歯を使用することになると思います。

しかし、これは次にお話しする自費の入れ歯と比較して使用できる材料などにも制限があって快適な状態になることについては中々難しいものがあります。

その為、お金に余裕があればやはり自費の入れ歯を使用することが望ましいです。

2.自費の入れ歯の種類について

1)金属を多く使用した入れ歯

江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと 金属床

                    和田精密株式会社 ホームページより引用

保険で出来る入れ歯はレジンというプラスチックに似た材料を使用した入れ歯です。

このレジンはある程度の強度がありますが自費で使用できる金属の入れ歯に比べて厚みが出てしまいます。

そのため、どうしても装着感や強度に問題が出てしまいます。

この金属を使用した入れ歯は全ての方に使用出来る非常に優れた入れ歯です。

食べ物の温度や味も保険の入れ歯と違い感じやすいと言われいます。

2)シリコーンやビニール樹脂を使用した入れ歯

江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと ノンクラスプ義歯

                            三和デンタル ホームページより引用

ノンクラスプとも呼ばれる入れ歯でです。

これは最近出てきた入れ歯で、入れ歯の専門家はこの入れ歯の使用を否定する傾向にあります。

私自身もこのタイプの入れ歯は全く推奨しません。

理由は強度が弱く噛めないからです。

しかし、装着感が良い(金属よりも軽いですし)のでどうしてもこのタイプの入れ歯が良い(どこからか聞きつけてくるのでしょうが)と言われて作ることはあります。

写真のように指でも曲がる柔らかい入れ歯です。

3)ミリングを使用した入れ歯

江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと ミリング入れ歯1

                                                                                 札幌デンタルラボラトリー ホームページより引用

江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと ミリング入れ歯3

 札幌デンタルラボラトリー ホームページより引用(入れ歯を入れた状態全体像)

江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと ミリング入れ歯2

札幌デンタルラボラトリー ホームページより引用(入れ歯を入れる途中 角度が変っています)

金属に精密な切れ目を入れることをミリングと言います(ミリングの写真では一番上がそうです)。

この方法を使用すれば非常に精巧な入れ歯を作ることができます。

このミリングを使用し入れ歯は、設計に大きな自由度があり噛む力も保険で出来る入れ歯より大きくできて非常に良いのですが、精密ゆえに行う歯科医の技量が大きく問われます(この写真の設計は大変の良い設計です)。

また、精密なので修理などが困難です。

更に保険の入れ歯のようにクラスプが見える場合がありますので審美的な問題を気にする方にはあまりお勧めできません。

4)コーヌス クローネを使用した入れ歯

江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと コーヌス テレスコープ

                        和田精密株式会社 ホームページより引用

これは、残っている歯に対して金属冠(専門家用語で内冠と呼びます)を装着して、その上にさらに金属の冠をかぶせる方法です。

このコーヌスクローネと呼ばれる方法でドイツで作られた方法で、インプラント治療が普及する前は自費の入れ歯には非常に多く用いられた手法になります。

この方法も保険の入れ歯と異なり、クラスプ(バネ)が見えず審美的な方法になりますが、金額が高額であることと行う歯科医に高度なテクニックが必要なため昔ほどは行われない方法ではあります。

しかし、現在においても入れ歯で使用するには非常に優れた方法であります。

また、この方法を使用するとクラスプを使用しなくて良いので審美的にも優れた方法です。

5)マグネット(磁石)を使用した入れ歯

江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと マグネットを使用した入れ歯

                和田精密株式会社 ホームページより引用

これはクラスプの代わりに磁石を使用する方法です。

磁石の力によって入れ歯を維持します。

このマグネットを使用した方法では、歯の神経がある場合は適応にならない欠点があります(大きくなりすぎるので)。

しかし、クラスプを使用しないので審美的には優れた方法になります。

また、MRIを撮影する時には取り外してから撮影しないと画像が大きく乱れるので注意が必要です。

6)アタッチメントを使用した入れ歯

江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと アタッチメント入れ歯

 札幌デンタルラボラトリー ホームページより引用(入れ歯を入れた前の状態)

江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと アタッチメント入れ歯2

札幌デンタルラボラトリー ホームページより引用(入れ歯を入れた状態)

アタッチメントという、特殊な器具を使用した入れ歯ですが、アタッチメントには色々な種類があるために適応に応じて使用することになります。

この方法では、アタッチメントの種類によっては審美的な方法になりますが壊れた時に修理が困難(実質的に不可能)な欠点があります。

まとめ

健康保険で作成できる入れ歯には色々と制限があります。その為、金額的に余裕があれば自費の入れ歯をオススメしますが、自費の入れ歯にも色々な種類があります。また、自費の入れ歯は使用する材料も異なるのでその特徴を理解しておいた方が良いです。

関連記事