江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと 歯の治療を行うときに痛くなく治療を行うポイントと医療機器について

歯科治療はどうしても痛みを伴う処置が多くあります。痛みを少なく治療するにはしっかりとした麻酔を行うことですが、歯科で行う麻酔は注射による局所麻酔が多く使用されてます。ただし、この注射による麻酔を行う時に痛みを伴うことも多く、治療を受ける患者さんサイドとしても悩ましい問題です。しかし、色々な工夫や医療機器を利用することでかなり痛みを抑えた治療が可能になります。

1.注射による麻酔を行う時に痛みを少なくする方法

歯科領域では色々な麻酔を使用しますが(全身麻酔を含めて)、最も多く使用する麻酔が注射による局所麻酔です。

この注射による麻酔ですが、針を入れる所に表面麻酔を行う時にも色々なテクニックがあります。

1)表面麻酔について

江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと 表面麻酔について

 

表面麻酔には色々な種類がありますが、日本では海外ほどの高濃度では使用できないので(薬事法の関係から)、表面麻酔を使用するにはエアーを使用してしっかり乾燥させてから表面麻酔を行うことが重要になります。

2)注射による麻酔の際に痛くなく打つ方法

江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと バイブラジェクト

 

麻酔に使用する針が細い方が痛くなく麻酔を打てるという説明の方が多いと思いますが、一概には言えません。

私自身は、色々な方法を試して現在の方法になっています。

ちなみに私が過去に試した方法は

32G の最も細い針を使用して麻酔を行う方法

麻酔薬を温めて麻酔を行う方法

麻酔をうつ器械を使用して麻酔を行う方法

上記の方法に加えて、表面麻酔をレーザーを併用して行う方法

麻酔の針を振動させて麻酔を行う方法(バイブラジェクトと言う機器を使用)など色々試したことがあります。

江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと 麻酔薬を温める装置

                                注射による麻酔薬を温める装置

実際に自分の手にうってみたり、兄も歯科医なのですが、兄とお互いにうったりして痛くない方法を色々探ってみました。

その中で、私は現在ある方法+バイブラジェクトと言う医療機器を併用した方法で麻酔を行っています。

具体的にはノウハウになるので詳しい事は明かせませんが、麻酔を痛くなく打つセミナーを受けた時の方法で麻酔をうっています。

この方法は、30Gという最も細い針よりもちょっと太い針を使用して麻酔を打つ方法を教えて貰いました。

セミナー講師が言うのには32Gという最も細い針を使用すると、麻酔を注入する時の圧が強くなって痛みを感じると説明していました。

確かに、針を粘膜に入れる時は細い針の方が痛くないのですが麻酔を注入する時には痛みを感じました。

麻酔を注入する時に圧を弱くする器械もあり(私も以前は使用していました)が、色々試して私はこのセミナー講師の方法で麻酔をうっています。

今後新しい方法が出てくる、もしくはセミナーや文献を読んで、麻酔のうち方を変えるかも知れません。

しかし、色々な方法を試して私自身は30G の針を使用して、麻酔の圧を弱くしてうつ方法が最も痛くありませんでしたのでその方法で行っています。

3.最も痛くなく歯科治療を行う方法について

江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと 全身麻酔

これは、全身麻酔を使用して治療を行う方法です。

この方法であれば、全く記憶がない状態で治療を受けることができますので歯科治療恐怖症の方には適していますが、一般的に健康保険がききません。

そのため、自費治療になってしまうので(障害がある方、非常に体の負担が大きい外科的処理などは保険がききますが)、高額な治療費になってしまいます。

また、全身麻酔は全身に与える影響も大きく、体にかかる負担も問題になります。また全身への影響ばかりでなく副作用もあります。

最も一般的な副作用は嘔吐や頭痛です。

数日でおさまると言われていますが、そこまでして治療を行う必要は少ないでしょう。

そのため、重度の歯科治療恐怖症ではない限り、もう少し軽めの麻酔方法で治療するのが良いでしょう。

この麻酔方法とは、笑気ガス麻酔や静脈内沈静法などになります。

4.静脈内沈静法という麻酔方法について

江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと 静脈内沈静法

 

全身麻酔ほど体にかかる負担が大きくなく、全身麻酔に近い状態の麻酔効果(使用する麻酔薬と量によって意識がある場合と意識が無くなる場合がありますが)を発揮する麻酔方法に静脈内沈静法という麻酔方法があります。

これは、点滴によって麻酔薬を体の中に入れて麻酔を行う方法です。

次に説明する笑気ガス麻酔よりも鎮痛効果と沈静効果が高いので広範囲にわたるインプラントや体に与える影響が大きい外科手術などの場合に使用される麻酔方法です。

ただし、設備などは全身麻酔に準じた機器が必要になる為、多くは大学病院や歯科口腔外科、もしくは麻酔の研修を行った歯科医がいる施設で行う治療となります。

全身麻酔と異なり、数時間で麻酔が覚めるために入院が必要ないなどの利点があります。

5.笑気ガス麻酔を使用した歯科治療について

江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと 笑気ガス麻酔について

 

全身麻酔や静脈内鎮静法ほどの全身に与える影響が少ない麻酔があります。

これは笑気ガス麻酔といって健康保険も適応になりますし、麻酔が覚めるのが非常にスムースで適応症(目にガスを入れる手術や気胸がある人など)を間違えなければ非常に有用な麻酔方法です。

ガス麻酔なので、鼻から吸うことによって麻酔効果を発揮しますので注射による麻酔などと異なり麻酔時の痛みがありません。

また、この麻酔は鎮痛効果が高いので痛みを感じにくくなります。

ただし、この麻酔だけでは外科的な処置(親知らずの抜歯など)や歯の神経をとるなどの痛みが強い処置を行うことはできません。

注射による麻酔を併用しなければいけませんが、この注射の麻酔をする時の痛みも大分少なくなりそれだけでもこの麻酔を利用する利点があります。

体で代謝されることもないので(大多数が体から自然に排出されます)、副作用もなく非常に安全な麻酔です。

注射による麻酔薬はアレルギーがある人もいますし、麻酔に入っている添加物でもアレルギーが出ることもあります。

笑気ガス麻酔はアレルギーはありません。

ただし、酔ったような感覚になるので笑気ガス麻酔を使用した感覚が嫌な人は使用しない方が良いでしょう。

6.鎮痛剤を適切に使用すること

江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと ロキソニンS

 

痛みがある場合や、歯科治療が終了したあとには鎮痛剤を使用して痛みをとることが重要になります。

海外では、歯科治療においても麻薬性鎮痛剤を使用した痛みのコントロールが行われますが、日本では麻薬性鎮痛剤の使用は認可されていません(歯科治療は麻薬性鎮痛剤を使うほど痛みが強いとも言えるでしょう)。

鎮痛薬は当然ですが、薬なので飲んでいい場合とダメな場合があるので注意が必要です(全身状態や飲み合わせなど)。

しかし、現在は国の方針として市販の鎮痛薬でも歯科医院で使用するのとほぼ同じ成分が入った鎮痛薬も薬剤師の指導の下に買えるようになってきています。

痛みが強く、歯科医院に行く時間が無い時などは、市販の鎮痛剤で一時的にしのぐのも一つの方法でしょう。

まとめ

歯科治療はどうしても痛みを伴うことが多く、痛みのコントロールを行うことが治療を成功させる大きな要因となります(痛かったら通院するのが嫌になるので)。多くは注射による麻酔によって痛みのコントロールが可能ですが、うつ時の痛みと治療が終了した時には痛みがでることがあります。この時には痛みを少なくする医療機器の利用や鎮痛剤を使用するのが良いでしょう。

関連記事