江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと 入れ歯を長持ちさせて治療費を抑えるコツについて

入れ歯は無くなった自分の歯に代わる重要な人工臓器です。入れ歯を長持ちさせるには日々のお手入れが重要ですが、それ以外にも長持ちさせるには色々と気を使わなければいけないことがあります。

まず入れ歯の種類によっても、お手入れの方法が異なるので入れ歯の種類について簡単に説明して2つの差とお手入れの方法について説明します。

1.入れ歯の種類について

入れ歯には部分的な入れ歯と全体的な入れ歯の2種類があります。

1)部分入れ歯について

江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと 部分入れ歯

部分的な入れ歯については、クラスプと言う部分(歯にかかるバネのようなもの)がありますのでその取り扱いについて注意することが入れ歯を長持ちさせるコツになります。

このクラスプは、一人ひとりの歯の形にそって作られる金属製のパーツです。

このクラスプを変形させないことが入れ歯を長持ちさせるコツになります。

入れ歯を入れるときに噛んで入れたりしないで、丁寧に手で入れるようにしましょう。

噛んで入れたりすると、このクラスプが変形する可能性が高くなるばかりか、最悪の場合は変な状態で噛みしめてしまう場合は部分入れ歯の破損につながる可能性があるので注意が必要です。

後に詳しく説明しますが、部分入れ歯に対して使用しない方が良い入れ歯洗浄剤もあります(金属を変色させる可能性がある為)。

2)全体的な入れ歯(総入れ歯もしくは総義歯)について

江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと 総入れ歯

この場合も部分的な入れ歯と同様に、噛んで入れたりしない方が良いのです。

しっかりと手で正しい位置に収まるように丁寧に入れてあげて下さい(ただし、部分入れ歯ほど変形などの可能性は低いですが)。

2.合わない入れ歯を使用しない

江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと 合わない入れ歯を使用しない

部分入れ歯および総入れ歯の両方に当てはまりますが、合わなくなった入れ歯を使用すると、あごの骨がやせてしまいます。

あごの骨の量が多いと入れ歯の使い心地も良く、あごの骨が少ないと入れ歯が動く可能性が高くなるのでそうなると、痛みや噛めないなどの不快症状が出てきやすくなります。

あごの骨が一度やせてしまうと二度と元には戻りません。

全身麻酔で骨を移植すれば別ですが、通常インプラント治療ではそのような方法もとられることがありますが、入れ歯の治療ではそこまでしないので注意が必要です。

その為、合わない入れ歯を使用していると頻繁に歯科医院に通院することになってしまうので、ある程度調整をして、問題がなくなってから治療を終了するようにしましょう。

3.入れ歯を長持ちさせる為に使用する洗浄剤の取り扱いについて

江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと 入れ歯洗浄剤

入れ歯洗浄剤を使用する 入れ歯洗浄剤を適切に使用することが部分入れ歯でも総入れ歯でも重要なことなのですが入れ歯洗浄剤には色々な種類があります。

歯がある時に使用する歯磨き粉は使用しないで下さい。

総入れ歯の人には少ないのですが、部分入れ歯の人に稀にみられる事なのですが、自分の歯を磨いた歯磨き粉がついた状態で普通の歯を磨く歯ブラシを使用して入れ歯を洗う人がいますが、これは辞めた方が良いです。

理由は、普通の歯に使用する歯磨き粉には入れ歯を傷める作用のある成分が入っています(研磨材という成分です)。

また、普通の歯ブラシは入れ歯に使用するには硬すぎるので入れ歯専用の柔らかいブラシを使用することが入れ歯を長持ちさせつコツです。

入れ歯洗浄剤を選ぶ時に注意すべき点は洗浄力です。

洗浄力が強ければ汚れを落とす能力が高くなりますが、反面入れ歯を痛めることにつながってしまいます。

これの判断は入れ歯に付着すると歯石などの沈着物の多さによって決定した方が良いでしょう(一般的に歯科医はどの洗浄剤を使って下さいと言う指示を出すことは少ないと思います)。

その為、毎回洗浄力の強い洗浄剤を使用することは避けた方が良く、面倒でも使い分けを行なった方が入れ歯を長持ちさせると言うのが現状です。

1)過酸化物系の洗浄剤について

これは最も一般的に使用されている入れ歯洗浄剤で、泡の力で入れ歯を綺麗にする洗浄剤です。あまり強力な洗浄効果はありませんが入れ歯を傷める可能性が低い洗浄剤です。

2)次亜塩素酸系の入れ歯洗浄剤について

これは入れ歯洗浄剤の中で最も洗浄効果が高い洗浄剤ですが、入れ歯のレジン(ピンクのプラスチックの部分)を傷める作用も強くあります。

ただし、これを頻繁に使用しないと歯石がすぐについてしまうという人もいるのは事実です。

その場合は残念ですが、入れ歯を頻繁に作り変えてあげなければいけない可能性が高くなってしまいます。

3)酵素系の洗浄剤について

これは酵素の力で洗浄を行う洗浄剤ですが、酵素なので冷たい水で使用するよりも温かい温度のお湯に入れて使用した方が洗浄効果が高い洗浄剤です。

これら3つを上手く使い分けるのが、現時点では一番入れ歯を長持ちさせることが出来るでしょう。

4.入れ歯で極端に硬い物を食べたり、噛みしめたりしない

江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと 入れ歯で極端に硬い物を食べたり、噛みしめたりしない

これは、一般的な自分の歯でも言えることなのですが硬い物を好んで食べると入れ歯が破損する可能性が高くなります。

これは、食べ物の好みなので難しい所ですがやはり硬い物を好んで食べると作り替えの頻度が高くなると考えて下さい。

また、入れ歯を入れた状態で無意識に噛み締めたりする人がいます。

これは、入れ歯を破損させる可能性をあげる他に入れ歯の歯の部分(専門用語で人工歯と呼びます)のすり減りが大きくなります。

また、食べ方によっては、人工歯のすり減りが大きい人もいて、「強い力で食べ物を噛んでいるのではないか?」と推測される人も来院することがあります。

これも、「どれくらい自分が強い力で噛んでいるか?」ということが多くの人では比較することが出来ないので、わからないことが多いと思いますがあまり強い力で食べ物を噛み締めない方が入れ歯は長持ちします。

5.体重の変化によって入れ歯が合わなくなることがあるので体調管理に気をつける

江別市大麻の歯科医が教える歯とお口のこと 体重の変化によって入れ歯が合わなくなることがあるので体調管理に気をつける

手術や入院などを行い、体重が減ってしまうと入れ歯が合わなくなることが頻繁にあります。

特に総入れ歯でその傾向が強いので、注意が必要です。

あまり、大きくない変化でしたら入れ歯の裏打ち(専門用語でリベースといいます)を行うことで対応が可能ですが、あまりにもあごの骨の形が変わってしまったらやはり再製作しなければいけないので注意が必要です。

これは、一般的な健康状態にもいえることですが日ごろの体調管理が重要になります。

まとめ

入れ歯を長く快適に使用して、費用を抑えるには幾つかの注意点があります。最も注意しなければいけない事は、合わない入れ歯を使用しないということです(あごの骨がやせてしまうからです)。

その他にも注意しなければいけないことがありますが最も重要なことは入れ歯を長持ちさせるように気遣うことです。

関連記事

夜中や休日(時間外)に歯科治療を受けると負担金が高くなる事実